植物性乳酸菌とは?

MENU

植物性乳酸菌とは?

ラブレ菌を知る時に植物性乳酸菌については知っておきたくなりますよね。
植物性乳酸菌とは一体どういう菌なのでしょうか。

 

乳酸菌とはそもそも何?

そもそも乳酸菌というのは、物質に含まれる糖を発酵させて乳酸などの有機酸を生み出す菌の総称です。動物性のものもあれば植物性のものもあり、いままではどちらかと言えば動物性乳酸菌のほうが良く知られていましたよね。

 

おそらく乳酸菌と聞くとまずはヨーグルト、そしてチーズなどの発酵食品を思い浮かべると思いますが、これらは動物性乳酸菌。でも日本人は特に、大昔から植物性乳酸菌のほうがずっと長く身近にあった食品なのです。

 

発酵食品は宝庫

日本の伝統食品である漬物、味噌、ぬかなど、植物性乳酸菌の宝庫とも言える食品や調味料です。特にぬか漬けには本当にたくさんの乳酸菌が含まれていて、私たちの身体を健康に保ってくれていたのです。

 

世界でもキムチやザウアークラウト、ザーサイなど古くから愛されている漬物に似た食品があります。これらはすべて植物性乳酸菌の宝庫で、身体を健康に保ってくれる大事な食文化なのです。

 

動物性乳酸菌と何が違う?

動物性乳酸菌もとても身体に良い菌です。植物性乳酸菌と何が違うかと言えば、そもそもの棲息場所だと言えるでしょう。動物性乳酸菌の棲息場所は哺乳類のミルクの中だけですが、植物性乳酸菌は植物に関するあらゆる場所に棲息可能です。

 

関係している糖も動物性乳酸菌は乳糖という種類のみですが、植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖、麦芽糖、ショ糖などなど、多糖類全般に関係しています。植物性乳酸菌は栄養が少なく糖のバランスがマチマチの悪い環境でも強く生き抜き、他の微生物とも共存が可能です。

 

食塩にも強く、動物性乳酸菌は生き抜けない高濃度の食塩環境でも植物性乳酸菌は生きることが出来ます。総じて言うと、植物性乳酸菌のほうがたくましく、どんな環境でも生きていける強さがあるということでしょう。

 

そしてとても多くの食品の中にたくさん存在しているものだと言えます。