プロバイオティクスとは?

MENU

プロバイオティクスとは?

乳酸菌など有効な菌を体内へ摂り入れる時にある考え方がプロバイオティクスです。

 

最近はこれにプラスしてプレバイオティクスとい考え方があり、その両方が大切な鍵を握っているのです。ラブレ菌の摂取はプロバイオティクスの考え方ですが、同時にプレバイオティクスも両立する面があると言います。

 

プロバイオティクス

ラブレ菌は、もともと人間の体内に存在する菌ではありません。
それでも体内に入ると健康に良いはたらきをするのですから不思議ですね。

 

ただ、例え体内にもともといる菌と同じ種類の菌でも、外部から摂取して腸内に定着させるという考え方は、プロバイオティクスになります。

 

増やしたい菌、有効な菌を食品などから摂取して、腸内環境を整えるという考え方ですね。

 

でもなかなか定着させるのは難しく、人間の強い胃酸でほとんどは死滅してしまいますし、しばらく棲息してもすぐに死滅して排泄されてしまったりするので、まだまだ研究の真っ最中と言えます。

 

プレバイオティクス

簡単に言ってしまうと、腸内に今いる菌のエサになるもの、または刺激になるものを食品などから摂取して、体内の増やしたい菌を増やすというのがプレバイオティクスです。

 

天然オリゴ糖などは代表的な食品で、オリゴ糖そのものは人間が腸管から吸収出来ないので糖分の過剰摂取にはならず、善玉菌のエサとして与えることで活性化させるという考え方です。

 

また、例え食品から乳酸菌などを摂取して胃酸で死んでしまっても、死菌が腸へ届くと腸内の善玉菌は活性化することがわかっています。摂取した菌がそのまま棲み着かなくても、体内の菌は繁殖する作用があるわけですね。

 

ラブレ菌は両方の効果を兼ね備えている

ラブレ菌は、まず胃酸の強さに耐性があるので生きて腸まで届く強さがあります。
そして比較的長期間腸内に棲息することもわかっています。

 

これはプロバイオティクスの考え方ですね。

 

でも、ラブレ菌は自分たちが繁殖するだけではなく、もともと腸内にいたビフィズス菌などの善玉菌の繁殖にも関係することがわかっています。これはプレバイオティクスの考え方と言えます。

 

ラブレ菌は、自らが増えて健康にはたらき、元からいる善玉菌も元気にするのです。