乳酸菌サプリでコレステロール対策

MENU

乳酸菌サプリでコレステロール対策

乳酸菌はヨーグルト、という発想があると、乳脂肪などが多く含まれるので太るイメージがあるかもしれません。これは事実で、大量に摂取するなら脂肪分が少ないヨーグルトを選ぶ必要がありますし、酸っぱいからと言って砂糖を加えたり、果物や甘いシロップを加えたりしたのではカロリーオーバーになる可能性があります。

 

腸内環境を良くするためなら、一緒に摂取する糖分についても気をつける必要があります。

 

でも、実は乳脂肪自体を考えた時には、逆にコレステロールを下げてスリムにしてくれるはたらきがあります。この真逆とも思える事実について、もう少し良く調べてみましょう。

 

コレステロール値を下げてくれる

乳酸菌を使った臨床実験では、コレステロール値の高い人が乳酸菌を摂取し続けることで血中コレステロール値が下がるという結果が出ています。

 

たった1ヶ月間ほどでしっかり結果が出ますので、乳酸菌が腸の中でコレステロールを吸着して体外へ捨ててくれるはたらきにより、有効な抑止効果があることは確実に認められているのです。

 

必要なコレステロールはキープ

「乳酸菌がコレステロールを体外へ捨てる」とだけ聞くと、必要な分のコレステロールまで捨ててしまうようですが、逆にコレステロール値が低い場合には乳酸菌はコレステロールを吸着しません。

 

捨てるのは過剰にある分だけで、必要な分には手を出さないのです。まるで腸の中でしっかり数値を管理しているかのようなこのはたらきが、何よりも乳酸菌がすごいと言われる部分なのです。

 

心配なのは脂肪分

このコレステロール抑止効果は、動物性乳酸菌に強くはたらきがあることがわかっています。

 

つまり、ヨーグルトもそうですし、チーズもそうですが、カロリーの高い食品がそのはたらきを強く持っているということですね。そうなると、そればかりをたくさん食べるというわけにもいきませんので、やはり成分だけを取り出した乳酸菌サプリメントの出番ということになります。