ラブレ菌で免疫力がアップ

MENU

ラブレ菌で免疫力がアップ

ラブレ菌を知る上で欠かせないのが、やはり「免疫力」との関係です。

 

人間がウィルスや細菌など外部からの攻撃に対抗するために必ず必要な防衛システム、そして特定の食品などに過剰に反応してしまうアレルギーを改善するためにもバランスが注目される免疫系。

 

ラブレ菌は、人間の免疫力にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

NK細胞の活性化

ラブレ菌は、体内で作られるインターフェロンの生成を促進する働きがありますが、これがNK細胞を活性化させることになります。NK細胞というのはナチュラルキラー細胞と言われるもので、外部からの異物に対して攻撃を行い、死滅させて生命を守るという人間にとって強力な防衛なシステムを司っている細胞です。

 

実は人間の中にがん細胞が生まれても、このNK細胞が殺してしまえば人間はがんを発症せずに生きられます。ウィルス感染にしても、細菌感染にしても、NK細胞が殺してくれることで感染症にならずに済むのです。

 

こうしたシステムが免疫系で、体内への侵入者を認識して排除するはたらきを持っています。
ラブレ菌はこのはたらきを強力にサポートする力を持っているのです。

 

腸は免疫システムの中心臓器

免疫というとなんとなく血液の中にあるような感じもありますが、最前線の臓器は腸管です。

 

腸は食べたものを栄養として吸収するはたらきがあるだけではなく、病原菌から守る防衛基地でもあるのです。「末梢リンパ球」という細胞があるのですが、これがウイルスやがんなどの細胞を攻撃する細胞の総称で、NK細胞もこの仲間になります。

 

この末梢リンパ球の全体数のうち約60%もが腸管にあるのです。

 

ラブレ菌などの有用な菌で腸を正常に保つこと、そして元気にはたらいてもらうことは、生きていくためには絶対に大切なことなのです。

 

アレルギー対策も

ヨーグルトで腸内からアレルギー対策をしようという試みがここ数年続いていますが、ラブレ菌も腸内の免疫系に関係していますので同じようにアレルギー症状の緩和に効果が期待されます。

 

まだ個人差が大きい部分ですが、これで国民病のスギ花粉症などが改善されると良いですね。