ラブレ菌の美肌効果

MENU

ラブレ菌の美肌効果

肌の美しさは腸内から、というのは美容に詳しい人ならもう誰でも知っていることだと思います。そんな中、腸内環境を理想的に変えてくれるラブレ菌の存在はやはり無視は出来ませんね。

 

ラブレ菌は腸内で悪玉菌の繁殖しにくい環境を作り出してくれますが、それが美肌効果につながるのです。腸内で起こることを調べてみましょう。

 

肌荒れは悪玉菌が起こしている!

便秘になると肌荒れがおこると言うのは多くの人が知っていますが、その仕組は知れば知るほど怖いものです。便が溜まると悪玉菌が大繁殖して、たくさんの毒素を排出します。

 

この毒素は腸内にとどまっているだけではなく、量が増えると腸の壁から吸収されてしまい、血液の中に溶け出してしまうのです。

 

もちろんそれは体内を巡って心臓にも入りますし、他の内臓にも脳にも影響を与えます。肌がSOSを出すということは、それ以上に体中がSOSを出しているということだと認識しましょう。

 

腸管自体を新陳代謝させる

ラブレ菌が腸内で作り出す有機酸は、腸を良く動かして要らないものを捨てさせる作用もありますし、腸管の新陳代謝を促す作用もあるので、腸の中がキレイになるのと同時に腸自体がキレイになる作用もありです。

 

便として排泄される中には、古くなった腸自身の細胞ももちろん含まれます。

 

肌のターンオーバーが活発だと肌が透き通るような本当の美しさになるように、腸のターンオーバーも活発になることで体中がキレイになるのです。

 

コレステロールを取り込む

腸内の要らないものを排泄させる中で、余分なコレステロールを取り込んで捨ててくれるのもラブレ菌のはたらきです。肌が脂性に傾いてなんとなくベタベタするとか、毛穴に皮脂が詰まって吹き出物が出来るような悪い肌環境が改善される可能性がありますね。

 

もちろん暴飲暴食していてはいけませんが、食生活にラブレ菌を取り込むことで要らないものをきちんと捨てて、肌の水分バランスが取れた状態をキープ出来る可能性がありますね。