ラブレ菌とは何?

MENU

ラブレ菌とは何?

ラブレ菌という乳酸菌があります。最近は飲料やサプリメントなどで、この乳酸菌の名前を見かけたことのある人は多くなったかもしれませんね。

 

なんとなく身体に良さそうだなと思っている人は多いと思いますが、どういう菌なのか実は良く知らないという人も多いでしょう。ラブレ菌は「植物性乳酸菌」という種類になり、いろいろな特徴を持っているのです。

 

毎日の健康のために、ちょっとラブレ菌について詳しく調べてみましょう。

 

ラブレ菌とは

正式名称をラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアグランス(Lactobacillus brevis subspecies coagulans)と言います。発見されたのは1993年のルイ・パストゥール医学研究センターで、そんなに昔のことではありませんよね。

 

なんと京都パストゥール研究所を設立した岸田綱太郎博士が、「京都の男性が全国2位の長寿」というところに秘密があると目をつけて、漬物をくまなく検証した結果「すぐき漬け」からラブレ菌の発見に至ったといいます。

 

日本人にとってはとても身近なところから生まれたわけですね。

 

すぐき漬けって?

京都ではよく知られた漬物ですが、酸茎(すぐき)菜という植物を漬け込んで作るものです。
千枚漬けやしば漬けも有名ですが、すぐき漬けも京都三大漬物と言われる有名な漬物ですね。

 

カブの一種で、食べるととても酸っぱい漬物で、なるほど確かに乳酸菌がたくさん生きていると納得出来ます。昔から食べられていた日本古来の発酵食品ですね。

 

ラブレ菌はとても強い

人間の身体に良い乳酸菌ですから、体内ではいろいろ有効なはたらきをしてくれます。
その中でも、ラブレ菌は特に「強い」という特徴を持っています。

 

腸内で生き抜く強さ、それがラブレ菌の魅力で、もともと栄養があまりない過酷な環境でもしっかり繁殖出来る強さをもともと持っています。

 

確かに漬物などの塩分や酸度の高さを考えれば、菌にとってはかなり過酷な環境です。そこでも強く繁殖してはたらくわけですから、体内でも同様に強く生き残ってくれると予想出来ます。