乳酸菌を効果的にとるには?

MENU

乳酸菌を効果的にとるには?

乳酸菌サプリメントを飲む時に迷うのが、どのタイミングで飲めば一番効果的なのかということです。特に摂取に決まったルールがあるわけではもちろんありませんが、摂る乳酸菌によってもそのタイミングは異なります。

 

胃酸に弱い?強い?

乳酸菌サプリメントに配合されている乳酸菌自体が、酸に強いか弱いかでタイミングを考えてみる方法があります。例えば植物性乳酸菌などはかなり過酷な環境でも生きられますし、胃酸のように非常に強い酸にも耐性があるので空腹時に飲んでもあまり影響はないかもしれません。

 

でもあまり酸に強くない乳酸菌であれば、食事と一緒に飲んだほうが胃酸の影響が弱くなり、比較的腸へ届きやすくなるでしょう。特に生きたまま腸へ届ける必要のない場合も多いですが、飲む菌の種類を確認してみると良いでしょう。

 

食事に組み込む

乳酸菌の摂取は薬を飲むような感覚ではなく、食事の一環として毎日定期的に摂ることが望ましいものです。だから、理想として一定の量を毎食ごとに摂取するというのが一番でしょう。

 

おかずの一つではありませんが、食事をして、乳酸菌サプリメントを飲む、そんな日常的な食生活に取り込むことが大切なのです。

 

もちろん副作用はなし

基本的にはいつ摂取しなければいけないというルールもありませんし、たくさん摂ってはいけないというものでもありません。常軌を逸するほどサプリメントを飲むのは間違いですし、大量摂取でお腹がゆるくなったり体調不良の原因になったりする可能性もあります。

 

しかし、それは別に一般的な食品にも言えることです。
普通に摂取していて摂り過ぎによる副作用などがあるようなものではありません。

 

乳酸菌は常に排泄されてしまうものですから、いつでも一定の量を摂取してうまく循環するようにすると良いでしょう。「昨日大量に食べたから、しばらく食べなくても平気だ」というようなものではありません。腸内で乳酸菌がつねにコツコツと活動しているように、毎日畑を耕すような感覚でサプリメントを摂取することが大事です。